s-R1018956

スポンサードリンク

断線しやすい純正iPhone充電ケーブル

私はiPhoneユーザーなのですが、充電ケーブルは安全性も考慮してこれまでは純正のケーブルを使用してきました。

ただ、安心して使えるのは良いのですが純正のケーブルはコネクタ部分が小さく細くなっているので、ある程度使用しているとiPhone側のコネクタの根元が折れ曲がって断線してしまうのです。

その都度、新しいケーブルを購入してきたのですが、さすがに何本も出てくるともったいない気がしてきたので、今回は純正ではなく、丈夫さをウリにしている他社メーカーの充電ケーブルを探して見ることにしました。

断線に強いケブラー素材の2重構造ケーブル

Amazon辺りで検索してみると結構な種類がヒットしたのですが、今回はAnkerの高耐久ケブラー素材を使用した「Anker ライトニングUSBケーブル  A81220A1」を選んで見ました。

これを選んだのは、外部に2重編み込みのナイロン、内部を防弾素材として使われているケブラー素材を使用しているということで、とにかく一番丈夫に思えたからです。

また、Appleの認証プログラム【Apple MFi認証】も取得しておりますので、認証無しの安価なケーブルにある「iOSをアップデートしたら突然使えなくなった」といった心配もありません。

スポンサードリンク

パッケージと付属品

さっそく到着した商品を確認して見たいと思います。
まずはパッケージから。白箱のシンプルなデザイン。

s-R1018954

こちらは付属品であるフェルトポーチ。ケーブルが収納されており、持ち運びに使えます。

AnkerのライトニングUSBケーブルに付属しているフェルトのポーチ

こちらがケーブル。マジックテープでフェルトポーチの中に入っております。

s-R1018964

ケーブルの質感など

ケーブルカラーは目立つように赤を選びました。長さは車内での充電を想定して長めの1.8mを購入。

Anker PowerLine+ ライトニングUSBケーブル Apple MFi認証取得【防弾仕様の高耐久ケブラー素材 / 2重編込の高耐久ナイロン素材

赤いケーブル部分は純正品よりもやや硬めですが、取回すのにはまったく問題がないくらいの柔らかさも持っております。

断線に強いケブラー素材を用いたiPhone充電ケーブル。アップルの認証

こちらは純正ケーブルとの比較。ケーブル部分の太さが結構違うのがわかると思います。

iPhoneの純正とankerの断線に強いケーブル

コネクタの根元。強度が最も必要な場所ですが、純正品と異なり固いプラスティックで覆われているので、そう簡単には断線しないと思われます。

s-R1018962

ちなみにANKER製のケーブルは最近偽物が出回っているそうですが、このコネクタの根本の形状が純正品のように角ばっていると偽物とのことです。

まとめ

とりあえず2週間ほど車での移動の際の充電に使用してみましたが、まずケーブルの取回しについてはまったく問題ありません。
若干固めのケーブルですが柔軟性もありますので、置きたいところにちゃんと置くことができます。

耐久性についてですが、これについてはもっと長く使ってみないとわかりません。
しかし、上記でも書いておりますが、最も断線しやすいコネクタの根元部分が固いプラスティックで覆われているので、純正品よりははるかに丈夫ではないかと期待しております。