『ヒナまつり』第17巻 瞳の真の実力と恐ろしさを味わうことになる新田!

マンガ
引用:涼川りん(著)『あそびあそばせ』 第8巻 表紙 白泉社 2019年9月発行より

『ヒナまつり』の最新コミックスを買ってきたので簡単にレビューを。

戦争が起きる未来を変えるという使命をイマイチ実感していない新田さん。そもそもの当事者意識が皆無なので当然なのですが、そこへ超高校級の経営者である三嶋瞳の超能力よりも恐ろしい真の力を味わうことになります。

スポンサーリンク

大武政夫(著)『ヒナまつり』第17巻

表紙は三嶋瞳。これまでに登場したアルバイトからCEOになるまでの彼女と、なにやらマフィアみたいな格好をした姿になっております。半分以上で目が死んでいるのが印象的。

ヒナまつり第17巻の表紙は三嶋瞳

引用:大武政夫(著)『ヒナまつり』第17巻 表紙 KADOKAWA 2019年9月発行より

今までもその強運と才能で辣腕をふるっていた彼女でしたが、この第17巻ではその矛先がついに新田さんに向かいます。「平成の怪物」と恐れられる新田さんですが、そんな彼が三嶋瞳の真の恐ろしさを知ることになります。

瞳の真の恐ろしさと力を知る

普通の女子中学生から気がついたら全米の通信会社No1シェアの企業のCEOになっていた瞳。本人の気持ちとは裏腹に優秀すぎる能力ゆえに今や引き返せない社会的地位を手に入れてしまった瞳ですが、そんな彼女にあの超人フィットネスが事業拡大の手助けをしてほしいとやってきます。

のちに日本国内の内戦を引き起こすキッカケになる超能力研究所。その設立に深くかかわる超人フィットネスとの関わりを断ちたくてアメリカに逃げ出した瞳でしたから当然答えはNO。しかし、それを面と向かって言えず、仕方なく新田さんに相談しにきます。

新田に泣き落としをかける三嶋瞳

引用:同書83ページより

でも関わりたくないのは新田さんも一緒。瞳渾身の泣き落としにも「・・・いや、でもぉ~」とのらりくらりしてしまいます。そもそも瞳がこんな状況まで追い込まれたのは全て新田さんの関係者たちのせい。なのに当事者意識がまったくなく関わろうとしない新田さんに、ついに瞳が実力行使に出ます。

新田を本気で巻き込む瞳

引用:同書85ページより

新田さんの手がけている飲食や不動産業、金融業にコンサル業にライバル業者を当てて片っ端から潰しにかかる瞳。しかも事業を奪うだけでなく、そこで働くカタギから本職までの人員まで根こそぎ奪っていくのが瞳の怖さです。

この強烈な攻撃に手がける事業の半分以上を持っていかれ、このままでは全てを失いかねない勢いに、さすがの新田さんも恐怖します。一応、瞳の許しをこうために何度か電話するのですが、この期に及んでもあくまで当事者でなくお手伝いするという意識が抜けない新田さんに瞳の怒りは収まらず、ついには新田さんの精神的な安息であったアンズのラーメン屋台まで奪おうとする瞳。ここまでくると、もはや新田さんには抵抗する気力もなく、現れた瞳に膝をついて忠誠を誓うしかありませんでした。

身も心も屈服する新田さん。三嶋閣下の誕生

引用:同書107ページより

というわけで、ようやく瞳に協力することになった新田さん。ついでに瞳への呼び方が「閣下」に変わりましたが、表面だけでなく中身まで瞳に屈服しているのが笑えます。

ちなみに瞳のほうは普段はアメリカにいますがLINEで新田さんを監視しているようで、常にプレッシャーを与えてきます。

怖いLINEを送ってくる瞳閣下

引用:同書172ページより

アイコンのせいもあるでしょうが、相手を屈服させたあとも手綱を緩めない瞳さん。マジで怖いですねー。

完成、家事人形・新田

瞳に屈服した代わりに彼女の日本での事業(新田さん潰しに使われた事業)を引き継いだ新田さんは、今まで以上に忙しくなり自宅にまったく帰れなくなりました。その間、一人で過ごすヒナですが、家事がまったくできないので家の中はメチャクチャ。どうしたものかと考えているとき、マオの人形遊びという言葉から、マネキンを買ってきて新田さんの動きをトレースさせる家事人形を作ることを思いつきます。

どうやら超能力者は見たものを正確に把握することができるようで、その力で新田さんの動きを家事人形に完全にトレースさせることでもう一人の新田さんを作りだそうとします。しかも、最初は意識して動かしていた家事人形をオートで動かすことにも成功。見た目も新田さんっぽくなるように改造したことで、家事人形喋らない新田さんが完成しました。

家事人形・新田さんの誕生

引用:同書129ページより

それだけにとどまらず、家事だけでなく普段の行動まで再現しだしたため、夜更かしするヒナを怒ったり(喋らないけど)、壷を磨いたりするようになった家事人形の新田さん。これらはヒナが無意識で動かしているため、ヒナ自身でも家事人形の動きは把握しきれない完全自立型となりました。そのうち家事人形の新田さんとの生活も悪くないと思い出したヒナ。

家事人形でも新田さんとの生活を楽しむヒナ

引用:同書141ページより

だんだんマオ化が進んでいる気がしますが、新田さんを本当の家族だと思っているヒナですから、これはこれで幸せなのかも。

なお、数ヶ月ぶりに帰宅した新田さんが、家事人形を見て叫んだのは言うまでもありません。

自分とうり二つの人形を見てビビりまくる新田さん

引用:同書146ページより

未来を変えろ

現在超人フィットネスにいるアツシが、ロックージョンを再現するために自分に超能力を与える研究をした結果、生み出されたのがヒナたち超能力少女であり、未来ではそれが元で戦争が起きてしまいます。そんな未来を変えるため(元凶である)瞳や新田さんが知恵を絞ることになったのですが、そもそも未来を変える方法がわかりません。あまりにも漠然とした目標に途方にくれる新田さんでしたが、そんなとき突然上から玉が降ってきます。

それは未来の新田さんからのメッセージで、ようは未来を変えるにはアツシにロックージョンライブをやらせればよいだけらしい。どうやってするのか方法はわかりませんが、アツシとのライブなら過去ヒナがやっていますから、もう一度バンドを組んでライブをしようということになりました。

そのためのメンバー集めをするヒナ。しかし、過去アツシとヒナがいたバンド【セントラルパーク】はコミックス第15巻でとっくに解散していて再結成は不可能。とりあえず当時のメンバーからギターだけは引継ぎ、ドラムとベースを探しますが、クラスメートを誘っても誰ものってきてくれません。

一人ギターを手に考えるヒナ。

ギター片手に思いにふけるヒナ

引用:同書177ページより

最後の手段として思いついたのは、やっぱりアンズとマオの二人でした。最初は断られますが、超能力使って強制的に言うことを聞かせます。でも、マオからなぜ急にやる気になったのかを問われると、戦争の起きない平和な世界で新田と過ごしたいと本心を話します。

なんだかんだでヒナに付き合う、仲の良い二人

引用:同書189ページより

なんだかんだでヒナは本当に新田さんが好きなんですね。ぐうたらしたいだけともとれますが(ヒナは平和な世界では59才になっても新田さんと暮らしてゲーム三昧らしい)、新田さんを大切に想っているのは間違いなさそうです。

そんなヒナの本心を聞いて協力する気になったアンズとマオ。この二人もなんだかんだでヒナを大事に思っているのでしょう。特にマオは好きなアツシの力になりたいとう立場上複雑でしょうけれど、これで未来を変える一歩が踏み出せたかな?。いったいどんなライブをしようとするのか、18巻に続きます。

感想

戦争が起きる未来を変えるためには結局アツシにロックージョンをやらせるしかないわけですが(この方法自体は15巻で明らかになっていた)、それが達成された場合のルートを未来の新田さんから教わったことで現実的な話しになり方向性も決まった今巻。

アツシの目指すロック―ジョンは超能力なしでは成立しないが、超能力を研究されてしまうとヒナたち超能力少女が作り出されてしまい結局戦争になってしまうわけですから解決にはこのジレンマを解決しなければなりません。アツシを満足させつつ超能力開発をさせないようにするうまい方法があるのかどうかが気になります。

また、個人的にはマオが超人フィットネスだけでなく、いつのまにかトレンディドラマで女優業をやっていることが非常に意外でした。

いつのまにか女優業まで始めていたマオ

引用:同書149ページより

元々超人フィットネス関連でテレビに出演していたマオでしたが、可愛らしい外見ですからそのまま女優業を始めても不思議ではありません。何気にヒナがかなり嫉妬していたのが意外でしたが、アンズといいマオといい、なんだかヒナよりもずっとヒロインっぽくなっていくのが面白いですね。

そのヒナですが、正直ここ最近はアンズやマオらに押され気味でこれといった役目がなかったのですが、破滅的な未来を変えるためにロックージョンがどうしても必要だとわかり、アツシとバンドを組んでいたヒナに改めてスポットが当たった感じです。アンズとマオとともにバンドを組むことが決まりましたし、次巻以降の活躍に期待したいところです。

ところで一番気になったところが以下。瞳に追い込まれて参っているときに心配してくれたヒナに対して気丈にふるまう新田さん。

新田を心配するヒナと気遣うようにみえる新田

引用:同書99ページより

でも、最後の心の拠り所にしているのはアンズという。

新田さんの心のオアシスであり支えでもあるアンズとラーメン屋台

引用:同書100ページより

なんというか、ヒナを大事にしているのは間違いないんですが、やっぱり子供として愛しているのはアンズなのではと思えてちょっと複雑な心境です(ヒナが真面目に新田さんの心配をしているだけに余計そう感じてしまいます)。

タイトルとURLをコピーしました