軽い!安い!日本語対応のBluetoothハンズフリーヘッドセット「Plantronics M70」

プラントロニクス(Plantronics) ワイヤレス ハンズフリー ヘッドセット M70家電
プラントロニクス「M70」

運転中や作業中でもスマホの通話ができるハンズフリーヘッドセット。以前購入したモノが壊れてしまったので新しいものを購入しました。今回選んだのは日本語ガイダンスに対応した「Plantronics M70」。本体重量約8gと圧倒的な軽さと2,500円ほどという安価が魅力のヘッドセットイヤホンタイプヘッドセットです。

スポンサーリンク

仕事に欠かせないハンズフリー

運転中の通話や話し中でも両手が使える便利なハンズフリーのワイヤレスヘッドセット。自分も仕事では非常に重宝しており、ほぼ毎日かかさず使っております。そのぶん割とハードな使い方をしているのか、先日今まで使っていたワイヤレスヘッドセットが壊れてしまいました。

そんなわけで新しいワイヤレスヘッドセットを物色するのですが、選ぶ基準としてはイヤホンタイプであること(マイクが口元までくるタイプは作業の邪魔)、片耳タイプで耳から簡単にはずれないこと、なるべくバッテリーが長持ちすること、などを条件としました。

いくつか良さそうなものをアマゾンで物色しましたが、最近はやらせが多くてレビュー数が多いだけではまったく参考にならないため、気になる商品のレビューをいくつか読んでみて怪しい日本語が多いものは購入候補から除外しました。

最新のBluetooth Ver5.0に対応したものから見ていったのですが、やらせっぽいレビューがやたらと多くて辟易しました。その中でプラントロニクス(Plantronics)というメーカーの「M70」というのが目に留まりました。

商品としては2014年から販売されているらしく、Bluetooth Ver3.0と対応規格は古いですがレビューを読んでもやらせっぽいのはほとんど見られず、本体重量は8gと軽くてバッテリーも通話時間11時間とかなり良さそうだったのでこれに決めました。

Plantronics M70の仕様

M70の主な仕様は以下の通り。

  • 装着スタイル:インイヤー
  • ヘッドセット重量:約8g
  • 通信規格:Bluetooth Ver 3.0
  • 使用範囲:半径約10m
  • 通話時間:最大約11時間
  • 待受時間:最大約16日間(約380時間)

上でも書いたように本体重量が8gとほぼ重さを感じないほど軽量です。また、通話時間11時間・待受け時間380時間はカタログスペック上だとしてもかなり優秀でしょう。また、ガイダンスは日本語を含む多言語に対応しております。

本体と付属品

M70の梱包。本体サイズと比べると、かなり大げさなパッケージです。

本体梱包状態

こちらはM70本体。非常に軽くて小さいです。

M70本体

本体カラーはレッドを選択。

M70本体その2

本体は人差し指くらいのサイズしかありません。

引用:Amazon「M70」商品ページより

通話ボタン部分。この商品で最も大きな部品です。

通話ボタン

付属品。簡単なマニュアルと充電用のケーブル、イヤーチップとフックが一つずつです。

マニュアルや充電ケーブルなどの付属品

セットアップ

さっそくM70をスマホで使えるようにします。まずスライド式の電源を入れます。

電源ボタンはスライド式

すると音声ガイダンスが流れ、言語設定を英語・日本語・韓国語の3つから選択するよう促されます。設定後は自動的にペアリングモードとなり、Bluetoothの接続設定へ進みます。

ペアリングモード

ここでスマホ側のBluetooth設定画面を開くと、「PLT M70」と表示される機器が出現します。これがM70です。

M70の電源を入れるとスマホのBluetoothリストにM70が自動的に表示される

「PLT M70」を選択すると、無事にペアリングは完了。以後、M70の電源を入れれば自動的にスマホに接続されます。

「有効」と表示されればペアリング成功。以後は電源を入れれば自動接続される

これで接続設定は完了です。M70の電源を入れてからガイダンスに従い言語設定、その後スマホ画面を確認してタップするだけなので、トータル2・3分ほどでM70が使えるようになりました。

なお、充電は本体後ろ側についております。片耳タイプのヘッドセットではここにあるのが一般的ですのでわからない人はいないと思いますが、念のため。

充電中

耳への装着について

購入してから気づいたのですが、この商品のイヤーチップはちょっと特徴的な形でフックみたいなものがついております。

イヤーチップは少々特徴的

説明書によれば耳の中に引っ掛けるような感じらしく、実際うまく装着できればイヤーフック無しでもこれだけでM70が落ちづらくなります。

イヤーチップと耳への装着

こちらはイヤーフックも取り付けた状態。

イヤーチップとフックを取り付けた状態

使ってみての感想

実際に一週間ほどM70を使ってみました。

良かった点はとにかく軽いこと。装着しても重さを全く感じません。また、バッテリーの持ちも今のところ期待通りの印象です。通話時間にもよるでしょうが、2~3日程度であれば充電は不要のように感じます。

さらに電源ON時などに流れる音声ガイダンスが日本語なのが思っていた以上にストレスフリーでした。別に英語でも言っている意味くらいはわかるのですが、日本語で言われたほうがすんなり頭に入ってくるため無駄がありません。

通話品質はごく普通です。非常にクリアというわけではありませんが悪くもないので、普通にスマホを耳に当ててる時と変わらないかなと思います。

Bluetoothの接続は今のところ安定しております。通話中にプツっと切れたりしたことは一度もありませんでした。ただ、Bluetooth Ver.4.1対応などと比べると、スマホから離れたときに切断される距離は短く感じます。測ったわけではなく、あくまで体感的なものですので、実際には変わらないかもしれません。

悪い点としては、イヤーチップとフックが慣れないと使いづらいです。単独でみればイヤーチップは耳から外れにくい形状なのでしょうが、イヤーフックと一緒となるとどちらかを耳に着けるときにもう一方が邪魔になるといった感じで、お互いが干渉してしまいます。さらにM70はイヤーチップが一つしか付属していないので、耳に合えばいいですが、これが合わないと使うのが大変だと思います。

一応、S/M/Lの3つのイヤーチップがセットになったものが売っております。このくらいは最初から付属しておいてもらいたいところですが、コストダウンのためにはやむを得ないというところでしょうか。

私は耳への装着はイヤーフックだけで十分でイヤーチップはフィット感があれば良いと思うので、イヤーチップは使い慣れた他のものから流用することにしました。これでも実使用には問題ないので、しばらくこのままいきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました